肛門愉悦

快楽主義と精神的快楽主義


このクリニックには多くのアナル愛好家が来院します。興味があるけど未開発な方や、熟練のアナルをお持ちの方まで様々です。アナル愛好家の大半は、男の快楽は何処まで達せられるのか?女性のようなオーガズムを体験したいという快楽主義者な方が多数をしめます。

その一方で、精神的に追い詰められる羞恥願望や破壊願望、アナルを凌辱されことで快楽を得る倒錯の世界を好むM的願望『マゾヒズム』な患者様や、相手の女性が悦ぶ姿でオーガズムを得る、精神的快楽主義者な方もいらっしゃいます。
快楽主義者は体験してみたいと言う【お尻でイク】肛門愉悦。アナルの価値が数倍上がる?!男性のアナルは神秘♥消化器官にしておくだけには勿体無いですよね。
 多くの男性が性的魅力を感じているのも厳然たる事実です。人として最も恥ずかしい排泄器官を女性に凝視されながら、肛門に指を入れられる。絶妙な指遊戯で男性の性感帯である前立腺を刺激されるなんて、凄く厭らしいですよね。しかしその羞恥心も合い重なり、脳内は快楽を求めるだけの雌になる。肛門愉悦の第一歩を踏み出してみませんか? 

【お尻でイク】ドライオーガムは前立腺をだけなのか?


腸内には数々のオーガムスポットが有り、人によって違います。

指や淫具などで前立腺を刺激されることでオーガズムを得る方。

アナルバイブやディルドを使用し、腸内のヒダの摩擦でオーガズムを得る方。

アナルを拡張されることでオーガズム得る方。

人様々ですが、実に奥が深い神秘のアナル。貴方様も女性と同様の連続イキ無限ワールドへ脳狂いしてみませんか?これ?こそが貴方様にとっての肛門愉悦のイノベーターになることでしょう。

次のステージが待っている

もう……アナルの快楽を受け入れるしか無い状態を、わたくしは、男の雌墜ちと言って卑猥なイキ顔を楽しんでいるのです。 個人差が在りますが、あまりの快楽に、うっかり精子がちょろっと漏れてしまったり、思わず潮を吹く方もいらっしゃいます。やっぱりアナルはただの排泄器官じゃないんですね。貴方様の次のステージは何処に向かうのか?アナルを極めるのか………?尿道愉悦の旅にでるのか………?それも楽しみの一つなのです

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事