聖水

聖水の魅力

人気痴療No,3位内には必ず入ってくるほど女性の聖水に魅了されている患者様は多い。聖水にはいったいどんな魅力があるのでしょうか? 聖水、それはM的願望症のM男患者様にとっては最上級のご褒美でもあり、最高の屈辱でもあります。フェチ、Mレベルの度合いの違いは有るかもしれませんが、ほぼ全ての患者様が何かしらの聖水痴療に興味があり、あるいは大好きだといえるのではないでしょうか。

聖水プレイとは

聖水痴療の種類には約3種類あります。

1聖水を鑑賞する

初心者でも抵抗なく楽しめるのが聖水鑑賞です。日常生活で聖水をリアルに見れるチャンスは、そう滅多にありません。女性のアソコから聖水が溢れ出ているシチュエーションにも、性的興奮するようです。 聖水プレイ好きの男性にとって、聖水は聖なる体液です。神秘的な存在でありながらM心を刺激されるため、何とも言えない気分の高ぶりや、性的興奮を味わえます。 女性器どころか体もまともに触らせてもらえないM的願望症のM男患者様にとっては、女性、女王様の性器を拝めるだけでも喜ばしい事なのに、その上多くの男性が関心を寄せている聖水鑑賞までさせてもらえるというのは、無上のご褒美といえるでしょう。

2聖水を浴びる

聖水を鑑賞するだけでは物足りない、触れて、浴びて女性の温度を感じたいと考える患者様も多くいます。聖水特有の香りも患者様によってはシャネルの香水。それは最高級の香りなのです。 聖水の受け方は患者様によって様々ですが、人気の場所は顔面や性器が多いです。聖水に触れた瞬間、温かさや感触がわかると、一気に気分が高揚し、性的興奮を感じペニスは堅く膨れ上がります。聖水という卑猥な温もりと興奮を自身のお体で体験してみて下さい。

3聖水を飲む

聖水プレイの真骨頂は飲水でしょう。女性、女王様の体内から出てきたものを、自分の体内に取り込むという事は、性交渉する歓びに近い興奮と快感を得る患者様が多いです。  

聖水を飲む心理
好奇心で飲む フェチとして飲む 純朴な奴隷として飲む ご褒美として飲む 屈辱として飲む

患者様によって違いますが、シチュエーションに合わせて痴療致します。

聖水マニア上級者

さらにマニアックな聖水痴療をご紹介します。

1聖水浣腸

浣腸が好きなら聖水浣腸などはいかがでしょうか?多種多様な液体を注入してみたい変態思考な患者様にオススメです。 被虐願望が強い方なら、もしも溢すようなことがあれば、自分の汚物で汚れてしまった聖水を苦悶の表情で飲み干さなければならない。羞恥と屈辱、被虐心をくすぐられるのではないでしょうか?

2聖水膀胱洗浄

尿道にカテーテルやバルーンカテーテルを挿入して聖水を患者様の膀胱に注入します。直接膀胱に注入すると、聖水の温もりを感じ、自身の尿と聖水が入り交じり、まるで性行為をしているような愛を感じるでしょう。

3聖水料理

聖水は持ち帰ることも可能なので、痴療後の余韻を自宅にて楽しむ患者様もいらっしゃいます。聖水を使った料理を食べる。清められた水で炊いたご飯はより美味しくなる、と信心深い人は言います。聖水マニアには絶品のご飯となり、M男患者様も当然尊い女王様の聖水で炊いたご飯はどんな高級米よりも美味しく感じるでしょう。 聖水痴療のバリエーションは底知れず。様々な聖水レシピを考えるのもマニアにはたまらない一時となるでしょう。

4集団聖水

複数の女性にかけられる、飲まされ、聖水沈溺したい患者様もいらっしゃいます。 患者様の口にチューブを咥えさせて完全飲水させたりして配管として扱ったりと楽しみ方は豊富です。  

聖水沈溺痴療に向いている患者様
聖水が大好きである 不特定多数の女性の聖水を拝受したい 短時間に多くの聖水を効率よく拝受したい 便器そのものに興味がある

聖水プレイの注意点

目に聖水が入ると結膜炎を起こすリスクが非常に高くなりますのでご注意下さいませ。