注目痴療
フェチクランケのラバーファック痴療
Screenshot

ラバーに包まれながら汗が大量に染み込んだパンティの匂いを嗅がせる強制匂い責め。

全頭マスクにパンツとラバーに心酔しているクランケ。口腔と肛門にはそのままゴムを着用せずペニスバンドを突っ込む事ができるというマニア向けのラバー。一本鞭調教で服従させ、私物化穴奴隷となる。

※ガスマスク以外はクランケの私物です。

喉の奥、腸内の奥までラバーで満たされるようお前の穴を黒い魔羅で埋め、激しい擦り付けで粘膜にもラバーの感触を味あわせてやるよ。

アナルから見え隠れする赤いラバーが肛門ヒダのようで実に厭らしい。ぐちょぐちょ鳴り響く潤滑液は卑猥な音と共に泡になって穴から流れ落ちる。聴覚と視覚で脳内爆上がりし、腰振りも徐々に激しくなる。

薄ら透けてるラバーの中にスペルマを放出。臭そうな液体がペニスに纏わりついてる姿は思わず笑ってしまうほど滑稽なのである。

賢いクランケは応援クリックを

↓↓↓↓↓↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事