ストーリー&イメージプレイ

性犯罪者と女看守

 たとえ痴漢であっても、性犯罪を犯した罪人は特別な刑務所に収容されるのだ。女看守による地獄のような刑罰は、服従しても終わらない奴隷としての日々を送らないといけない。

四つん這いにさせられ尻穴に捻じ込まれたバイブは、小刻みに回転しながら振動している。犬の尻尾のように尾を振る姿は女看守の目を楽しませているに違いない。

そんなものが尻穴にずっとあって何の変化もないわけがない。ペニスは硬くなり始め、むくむくと膨張しはじめる。 女看守は笑いながらヒールの裏でバイブを深々と押し込む。強烈な振動で俺の下半身が痺れた。何度も何度も味わったことのある感覚、絶頂を迎えた時の感覚だった。

尻穴の振動で俺のペニスから精子がドロッと漏れた。 情けなくなるような射精で、勢いはない。 羞恥と快感で、生まれたての小鹿のように軽く脚を震わしながらも、何とか気持ちを鎮めようとした。 だが俺は恐怖に顔を硬直させた。 女看守が持つ工具はヤバイことになると察したからだ。

「こんな物で精液を漏らすお前なら、マシーンで一突きでもすればあの世逝きかしら!!!」

ファッキングマシーン

今までの小手調のとは違って、豪快に突いてきた。 前立腺にめがけ強烈なピストンは恐ろしいほど射精感がせり上がってくるが止める術はなかった。 俺はまた絶頂するが射精かと思いきや透明な液体が勢いよく飛び出した。こらが男の潮吹きというものらしい。止まらない。止めることすら不可能。 終わらない快楽処刑だという脳裏にその言葉が浮かぶが、もう下半身に力が入らない状態になっている。 常に射精しているかのように気がおかしくなりそうだった。腰が抜けた俺は、そのまま地面に倒れ動く気力すら浮かばなっている。

ペニスバンド

倦怠感に包まれながら後ろを振り向くと、看守が俺の尻にペニスを入れようとしていた。そして俺の尻穴を蹂躙し始めるとバックから女のように犯す。 俺は悔し涙とあまりの快楽に嬉し涙を流しながら、目を見開いていた。 尻穴の感度はもはや異常だった。 奥まで突き込まれる度に、精神的な満足感が背中に走り抜け、快楽だけに包まれている。しかしそれは地獄。もう許して欲しいと惨めたらしく懇願してみたが、看守にとってはBGMにしか過ぎない。

俺の穴は快感に取り憑かれたように ”気持ちいい“ それだけが頭に浮かび上がっては消えていく。理性を辛うじて保持していたが、やがて無理になることも分かっていた。 脳が溶け、頭の中がパニックになっていたのだ。 罵声に混ぜられれても、その声にすら酔いしれてしまうほどに。

何かが壊れたような気がした瞬間、永遠を思う射精地獄に突入した。 心が殺されていき、記憶がオーガズムと精液になって溢れ出す。理性をも、人格も溢れ出す。 ただ男とも女とも獣とも判別がつかない声で本能のまま喘ぎ続け、俺という人間は死んだ……

無限大

時には、どっぷり想像力の世界で遊んでみるのも刺激的ですよね。

警察と犯人、スパイと組織、医者と患者とか……無限大。

因みに私は、一人三役やった事もあるぐらいです。得意分野なのかもw

事前予約でしたら、大概の衣装はご用意できますのでご希望があればご予約の際にお申し付け下さいませ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事