屈辱と侮蔑

人間の尊厳は、個人的な価値によって測られるべきではない。人の価値に対する敬意と尊重を示すのが最重要の概念である。

しかし、被虐願望が強い人間は、人としての尊厳を剥奪されてみたいと思う願望を胸に秘めながら現実社会を生きている人もいるだ。普段、厳しい人だと言われる人ほど、叱るというストレスに悩まされいたりする。社会的地位が高い人は、世間体に縛られていいてストレスを発散する場が無いと言う。 拒否権が無い非現実的な世界で、感情が吹き飛ぶ程の屈辱と侮蔑で現実逃避することでストレスをリセットする。

奴隷 ・家畜

命じられるがままに、尊厳をまるで無視した、己が愉悦を貪る為だけの蹂躙。

しかし、深い闇の中に2人にしか理解できない精神の繋がりと恍惚があるのだ。マゾヒズムには忠誠心が有り、ザディストには愛がある。愛がなきゃただの暴力に過ぎなからだ。屈辱と侮蔑の中にクランケ達は、恍惚と快楽を得る。それが真のSMの世界だ。

犬食いするクランケ
呼吸管理されるクランケ
舌で便器を掃除するクランケ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事