女性の下着に魅了されるクランケ達

ここでは、女性の下着を着ることで性的興奮をするクランケに着目してみました。

特別な存在感を実感する女性下着

 まだ私が救命救急の看護師だった頃、重体で運ばれた患者さんの服を切ると、女性用の下着を着ている方がいたりする。 実際はバレる機会なんてそうないのですが、運が悪かったのでしょうね。

夜な夜なパンティを頭にかぶって喜んで自慰行為(オナニー)をしているクランケもいれば、プライベートな時間に飽き足らず、仕事中でも女性用下着と密着していることで心が落ち着と言うクランケもいる。 「どこかでバレたらどうしよう」などという危険なスリルを楽しんでいるクランケも多い。

世間一般的な人は、女性用下着への異様な執着だと思うでしょう。そんなのは凡人の見解でしか過ぎない。 下着でも過激な物になれば、脳内ホルモンのンドルフィンは神経を興奮させて性的興奮や快楽を与えるのではなく、神経を落ち着かせる作用を持つからなのです。仕事や趣味にエネルギッシュに活動できることにもなります。 満たされなかった欲望や願望に脳が充足を感じ、物事に集中して立ち向かえるようになるのではないかと私は思う。

また、露出趣向が強いクランケも多いので、その欲望を満たしてあげる変態痴療を施してあげるのだ。 痴療中の卑猥な動画や写真をカルテなどで公開し、晒される興奮を体感してもらったり、ペニスやアナルに遠隔ローターなど装着させて服を着せてお出掛けしたりして欲望を解放させる。

他の男性にはない特別な存在感を実感するはず。

屋外の露出は、犯罪者になってしまう可能性もありますから駄目ですよ。室内でも私の洗脳イマジネーションで刺激的で卑猥な世界をお楽しみ頂けます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事