蹌踉めく脳イキ痴療カルテ更新
手の中で銀色のブジーがキラっと光る。ステンレスって美しい……。小さなしずく型の先端から、ごく細い本体部分まで、ゆっくりと丁寧に何度も指を滑らせ検分する。  しずくの先端をトロトロと厭らしい蜜を零す厭らしいピンクの鈴口に沈める……。つるりと光る卑猥な亀頭を丁寧に割り開いて呑み込まれていく様は、エグくもあるが官能的でもある。クランケは直ぐに鼻にかかった甘い吐息をもらす。黒い剛毛な茂みの中で健気に勃ちあがり震えるペニスをきゅっと握った。 『もっと太いのも欲しいでしょ?』

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事