アナルフィスト・フィストファック

 アナルフィストというプレイをご存知ですか?

アナルフィストの魅力

排泄する器官肛門に手首までズッポリ入れるなんて!とお思いでしょうが、アナルフィストに興味を持っている患者様は、意外に多いのです。

アナル性行為は中毒性が高く、前立腺という普段刺激できない部分を刺激したことによる快楽に夢中になり、アナルを拡張し、直腸やその他の臓器への刺激が真新しく、『もっと拡げてみたい』『もっと太い物を入れてみたい』『もっと長い物を入れてみたい』欲求が強くなっていきます。

アナル性行為は中毒性が高く、フィストとなると、直腸や大腸、ヒダや前立腺の臓器への刺激が真新しく、その分アナルオーガズムも想像を超えた激しいものになります。 気が狂いそうなほどの絶頂。だからこそアナルフィストは、毒性が高い性行為と言えるのです。

誰しもが到達できるわけではないですが、挿入できれば、成し得た者だけしか知り得ない圧倒的な快楽が待っているのも事実。

貪欲な肛門

私の指や手は生殖器。肉の棒ペニス。何千人にもなる男のアナルを蹂躙した卑猥な掌。

人の性質は残酷で貪欲・・・・。

腸壁を揺さぶり拡げに拡げて、一度開いた肛門は、余裕で拳を丸呑みするメスの以上の卑猥穴になる。ジュッポジュッポと厭らしい粘着音が鳴り響く。 肉ヒダを掻き分け、強烈な振動と摩擦に晒されて、邪悪な激悦を生み出す!!!!

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ————————!!!!あぁぁぁぁ———ッ!!」

野獣のような咆哮をあげながら、男の肛門は逝くだけの生殖器官に変貌する。繰返し行われる蹂躙の地獄に理性が決壊し、廃人になるまで逝かされ続ける。 直腸の圧迫で無意識に精液を放出する者、潮を吹く者。強烈な快楽に、拒絶したい気持ちと苦痛を抱えながらも、排泄の穴を穿り返し、強要されるオーガズムに身を委ねてしまうクランケ達。

腸粘液が淫らな水音を弾かせながら、加速する肉の摩擦熱が、腸壁を焦がす。絶望と快楽に身を投じ、理性を無くす快楽を必ず選ぶ。

アナルマニアは皆そうだ・・・・・。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事